オナホール体験談

初めてのオナホール

 みなさーん!今日もオナホールでオナニーしてますか???
 
 ご挨拶が遅くなってしまいました。
 
 はじめまして、オナホールが大好きなアラアー男子のオナホマンです!
 
 

オナホール体験談 初めて

 今回は、いろいろなオナホールのレビューを書いてきたオナホマンが、まだオナホールを購入したことがないオナニストたちに、オナホールのメリット・デメリットを説明していきたいと思いますよ。

 いやいや、オナホールなんて、お金の無駄じゃないんですかー?と、食わず嫌いで挑戦したことがないオナニストにこそオナホールの良さを伝えたいんです。
 
 なぜなら、オナホールを使うと、手でしかオナニーしたことがなかった自分を哀れに思ってしまうからです。

手でするオナニーのメリット・デメリット

まずは、手でオナニーする事のメリットとデメリットを書いていきたいと思います。

まぁ、手でするオナニーのメリット・デメリットというのは、描かなくてもすぐにわかると思うので全然書く必要が無いんですが、念のために書いておきますね。

メリット

・何も用意しなくてもどこでも出来る

デメリット

・いつも同じようなオナニーになってしまう
・握力が強すぎると、膣内で逝かなくなる

オナホールのメリット・デメリット

次に、オナホールを使った時のメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

基本的に、メリットは、気持ちいい!!って事を全力で言うだけになっちゃいますね。その気持ち良さが、いろいろなデメリットをカバーして余りあるメリットになりますからね。

極上生腰

メリット

・とてつもなく気持ちいい!セックスよりも気持ちいい!

デメリット

・オナホールを買わなければならない(お金が掛かる)
・オナホールの隠し場所が困る

オナホールの種類

そんなオナホールにも色々な種類があります。

いろいろ考えると、最終的にはラブドールもオナホールと考えていいのではないか?っと、思ってしまいますね。

オナホールの種類も奥が深いです!では、オナホールの種類を紹介していきますね。

細かく言えば、サイズの違いや、穴の狭さ(キツ系やまったり系)など色々な種類があるのですが、今回は大きく分けて、2種類のオナホールがある事を説明していきます。
オナホール 名器の品格

貫通式オナホール

貫通式オナホールとは、オナホールの両側に穴があり、オナホールが筒状になっているオナホールの事です。

貫通式のオナホールは、粗い易いのですが、精子が外に飛び出てしまう危険性が高いので、手でオナニーするやり方と同じように、ティッシュを設置してオナニーしなければなりません。

しかし、オナホールの両側で締め付けが変わったり、貫通式ならではの使い方もあります。

非貫通式オナホール

非貫通式オナホールとは、オナホールの片側だけに挿入口があり、密閉感や、挿入感が、かなり本物のおまんこに近いものになっています。

貫通式とは、異なり、両側に穴が開いている訳ではないので、洗いにくく、裏返して洗浄しなければならないので、劣化もはやいです。

しかし、気持ち良さの点では、確実に、非貫通式オナホールの方が気持ちいいと思います。

初心者向けのオナホール

このように、大きく分けて2種類のオナホールがあります。両方とも、試してみて、どちらがいいのか選んでいただくのが良いのですが初心者は、まず、非貫通式オナホールを試した方がいいと思います。

貫通式オナホールは、長く何度も使う人のために作られているので、初めてオナホールをする方は、長く使う事よりも、まずは、オナホールの気持ち良さを解って貰いたいので、TENGAのような非貫通式オナホールを最初に試してもらうのがいいと思います。


オナホール A10サイクロン

オナホール体験談

というわけで、いろいろなオナホールがありますが、使ってみないとわかりませんよね!

なので、他の記事を見て頂き、オナホールの良さを感じて欲しいです。是非、オナホールのすばらしさを体感してみてください。